探偵 料金 比較

探偵の調査は決して安くはない!

探偵を探すといっても届け出を出すだけで簡単に開業することができてしまうので、
全国にはたくさんの探偵事務所があり、どこに調査を依頼するかというのは悩みの種でもあります。

 

 

多くの人が探偵を選ぶ際に基準としているのは「調査力」「料金」この2つです。
そして、一番いい結果は費用を抑えて求める結果を手に入れることができることでしょう。

 

 

では、「調査力」「料金」このどちらのほうが重要なのか?
個人的には調査力をまず最優先させるべきだと思います。

 

 

これはなぜかというと考えられる最悪のケースが
「求める結果を得られず費用だけ請求されること」だと思うからです。

 

ましてや届け出を出すだけで開業することができるので中には悪徳な探偵も存在するのも事実です。

 

ちなみに私は誰かというと以前探偵事務所で働いていたことがあります。

 

自分で開業をしていたわけではなく半ばアルバイトのような形で調査員をしていました。
尾行中に慌てて冬場のカフェテラスから飛び降りて雪に足を滑らせ骨折したのを理由に辞めてしまいましたが・・・。

 

浮気調査なんかだと自分でもできると思っている人もいるかもしれませんが、相当キツイです。
そんな経緯があるので一般の人よりはある程度の知識を持っていると思います。

 

そんな私が数ある探偵事務所の中から調査力が高く圧倒的な実績、知名度のある探偵事務所をいくつか紹介したいと思います。

 

 

比較がしやすいように基本料金と仮に調査以来をした時の概算を計算していますが、
やはり調査内容によって料金は少なからずその人によって変わってくるので一番いいのは、
無料相談や見積もりなどを利用していくつかの探偵事務所に問い合わせてみることだと思います。

 

料金もそうなのですがその時の対応も依頼をする際の比較材料になるでしょう。

調査力の高い探偵事務所の料金比較

決して金額的には安くはないので、多くの人が気になる支払い方法もできる限り調べたので参考にしてください。
また、調査内容は探偵への依頼でもっとも多いと言われている浮気調査を基準にしています。

 

 

日本で一番の規模といっても過言ではないのが原一探偵事務所。

 

依頼の8割が浮気調査ということで浮気調査では特に評判のいい探偵事務所です。

 

テレビでの調査協力もしているというのは調査力の高さの裏付けにもなります。

 

また、ホームページを見てみるとわかりますが料金システムや調査機材に関してなど
かなり詳しく書かれているのですがこういった探偵事務所は信頼度アップです。

 

探偵事務所によっては案件によって受けられない依頼というのもあったりするのですが、
おそらく原一探偵事務所に受けられない依頼はどこの探偵事務所でも受けられないでしょう。

 

それだけ調査力が高く、懐も深い探偵事務所だと言えます。

 

浮気調査の金額

 

調査料金                1日/80000円〜
調査基本料金                 40000円
1日8時間で5日間(調査員2名)の場合   440000円

 

支払い方法 現金・カード(分割払い対応)

 

見積もり後の追加料金などは一切ないのでトラブルになることもないでしょう。

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

後払い制や完全成功報酬制などこれまでにはなかった新しい制度を導入しているのがHAL探偵社です。HAL探偵社も全国各地に支部を持っている規模の大きな探偵事務所さんです。

 

なので全国無料出張、即日対応が可能となっています。
また、調査依頼の他にもGPSのレンタルサービスも行っています。

 

これは後でお話しますが費用を抑えたいという場合には便利なサービスです。

 

匿名での相談やオンラインでの調査費用の算出などができるというのも特徴です。
実際に会って相談をする前にある程度の情報を仕入れることができるので比較材料になります。

 

また、調査報告に関しても調査開始時・調査中・調査終了時で報告をしてくれるので
しっかりと内容を確認しながら進めてもらうことでトラブルのリスクを減らしてくれます。

 

浮気調査の金額

 

調査基本料金              1名1時間/6000円
1日8時間で5日間(調査員2名)の場合     480000円

 

支払い方法 現金・カード(分割払い対応)・各種ローン 成功報酬後払い制

 

料金システムや支払い方法が明確化しているので料金トラブルはまずないでしょう。

 

 

 

 

その他の調査もしていますが特に浮気調査に評判の高い総合探偵社TS。

 

 

TS探偵学校を併設し、そこで調査術や法律などの知識を勉強したプロの調査員が
担当するので調査力が高い
ということも言えますが、浮気調査に関しては調査後の
無料サポートが充実しているというのも大きな理由でしょう。

 

 

資格を持っている専門カウンセラーによる復縁アドバイスや
離婚の際には有利に進めるための知識などをサポートしてくれます。

 

なかなか人には相談できないという人もいると思うのでそういう方にはオススメです。

 

 

浮気調査の金額

 

調査基本料金              1時間/15750円〜
1日8時間で5日間(調査員2名)の場合    630000円

 

支払い方法 現金・カード(分割払い対応)

 

実費経費は別途請求になる場合もあるのでしっかりと事前に確認しておきましょう。

 

総合探偵社TS

 

 

 

探偵への依頼が多い浮気調査の中で、その後にやり直しを求めるという人に
特にオススメなのが総合探偵社MRです。

 

実際に浮気発覚後のやり直し率が77%以上と高い数字を誇っています。

 

総合探偵社MRに調査を依頼した人の多くは担当者の対応が良かったということで
決めているというほど依頼者とのコミュニケーション力の高さが伺えます。

 

その担当カウンセラーのサポートは調査中も調査後も無料となっています。

 

調査料金は探偵を使った分だけで残った分は払い戻しという料金システムも斬新です。
離婚を選択した場合でも提携弁護士に1時間の無料相談をすることも可能です。

 

浮気調査の金額

 

調査基本料金              1時間/40000円
(期間が長くなると1時間あたりの金額が最大55%安くなる)

 

1日8時間で5日間(調査員2名)の場合    1000000円
(一週間の調査期間の1時間あたりの調査料金で計算)

 

支払い方法 現金・カード(分割払い対応)

 

ちょっと他の探偵事務所に比べると高い感はありますが、調査期間が長くなれば
それだけ相対的に安くなるので比較をしてみる余地はあると思います。

 

 

 

 

 

代表的な調査力の高い探偵事務所の料金を比較すると大体このような感じになります。
もちろん個々のケースによっては高くなったり安くなったりするのですが参考になれば幸いです。

 

どの探偵事務所も相談や見積もりは無料なので「自分のケースではどうなるのか?」というのを
この中から2、3社選んで実際に相談してみることをオススメします。

 

相談=契約というわけではありませんし、
当サイトで紹介している探偵事務所は相談というよりもカウンセリングのような雰囲気になることが多いようです。

 

 

決して料金が安いとは言えませんが、払えないからと言って払える範囲の探偵を探すぐらいなら、
探偵に依頼をすることを諦めて他の道を模索したほうがいいかなと個人的には思います。

 

 

それだけ調査力の低い探偵を利用するといいことがありません。

 

信じられないぐらい安い探偵に頼んでダメだったら変えようと思っている人もいるかもしれませんが、
万が一調査力の低い探偵を雇って相手にバレてしまった後にちゃんとした探偵に相談をしても、
余計警戒されることになるので費用が通常よりも高くなったり場合によっては引き受けてくれない場合もあります。

 

 

探偵に依頼の多い浮気調査に関してはある程度費用を抑えることも可能です。

浮気調査の費用を安くするには?

基本的にどんな料金システムであっても
探偵の料金は動いている時間が長ければ高くなりますし、短ければ短いほど安いということが言えます。

 

 

なので、できるだけ調査期間を短くするのです。
浮気調査において調査機関を短くする要因はいくつかあるのですがあなたにできることで見ると、
相手の行動パターンを把握して浮気をしそうな時を見極めるということです。

 

 

そして、浮気をしそうな日や時間帯だけ探偵に動いてもらうのです。
その逆で浮気をしないとわかっている日は動いてもらわないというのも同様の理屈です。

 

このように相手の行動をどれだけ把握しているのかによって調査料金はかなり変わります。
自分でできること以外にも例えば会社務めのサラリーマンで退社する時間が決まっている場合などは
探偵に動いてもらう時間が短くなるので費用は安くなると考えられます。

 

 

逆に外回りで直帰するようなパターンや自営業者だとより行動を把握していないと
長期間を長くしていないと結果が得られないというようなこともあります。

 

 

このようなことも探偵の料金には個々のケースとして影響するのでまずは相談をしてみることが重要です。
思ったよりも高いということもあれば、安く済んだということもきっとあるでしょう。