興信所と探偵事務所の違い

興信所と探偵事務所の違い

興信所と探偵事務所の違いとはいったいどんなところなのでしょうか?

 

弁護士や役所では取り扱っていない依頼を引き受けてくれる、
プロが興信所や探偵事務所となるのですが、実際の依頼内容としては、
盗聴器や盗撮器の発見や、信用調査、行動調査、ストーカー対策などが多い様です。

 

同じ様な案件を取り扱う興信所と探偵事務所ですが、その違いは、調査の仕方や料金などにあるようです。

 

料金については、若干興信所の方が割安になっている様ですが、興信所も探偵事務所も守秘義務を重んじていて、
依頼者から得た情報や、調査で得た情報を第三者に漏えいする事は、特別な事情がない限りありません。

 

しかし、取り扱う案件が同じで、割安だからといって、必ずしも興信所の方がメリットがあるかというと、そ
ういう事でもなく、調査方法に違いが有る為、どちらに依頼するかは依頼内容によって考える必要があります。

 

探偵は自身の身分を隠して水面下で徹底的に調査するのに対し、
興信所は調査される側に自身の身分を証しての調査が多い為、表面的な情報しか得られない場合もあります。

 

相手に知られる事に害がなく表面的な事が解れば充分という時は興信所、相手に知られる事なく、
相手が何か隠している事を調査したい、または詳しく知りたい時は探偵と言えるかも知れませんね。