探偵業

探偵業について

探偵業は、他人の秘密を調査することを業とする仕事です。
調査方法としては、尾行や張り込みを行ったり、専門の機器を利用して調査を実行する場合もあります。

 

 

このような探偵業を営むためには、探偵業法により届け出が必要となっています。
探偵が調査を行う事案としては、浮気のための調査や素行調査、人探しなどが多く存在しています。

 

このほかにも盗聴器や盗撮の発見を行うための調査も存在しています。
場合によっては、企業の信用調査も行う場合があります。
このような調査は、証拠の保全などの目的で行われることになります。

 

 

素人では行うことが難しい証拠の保全を、簡単に実現してもらうことができるため、安心して利用することが可能となっています。
このような証拠の保全の結果は、警察への告訴や裁判所での証拠として活用することが可能です。
また、個人的なプライバシーを保全するために重要となる盗聴器の発見などについては、盗聴器から身を守るための手段として利用することができます。

 

 

盗聴器を発見するための道具は市販されていますが、専門家である探偵の手によって調査を行えば、自分で調べる場合よりもはるかに高い精度で盗聴器の発見をすることができます。

 

 

このように個人情報に密接に関わる仕事のため、依頼をする場合には信用できる探偵に依頼することが重要となります。
そのため、インターネットの口コミ情報やレビューなどを参考にしたり、自分自身で相談や見積もりをお願いすることが重要となっています。